シンボル

休眠預金活用事業 情報公開サイト

ホーム検索結果

サムネイル

終了

事業詳細

事業情報コンソーシアム構成団体資金分配団体

事業情報

事業名

事業ステータス

終了

事業概要

コロナ禍や物価・燃料高騰の影響を受けて困難を抱えた子育て家庭に対し、実行団体を通じて「食」をきっかけに支援を行う。
■対象世帯
①顕在している家庭
すで学習支援や子ども食堂、宅食などをおこなっている団体やスクールソーシャルワーカーなど専門機関とつながっている家庭
①-1物資の支援:食材の提供や生活必需品の提供によって生活を整えるきっかけを届ける
①-2ソーシャルワーク:定期的に食をきっかけに関係構築を行い、継続的な声掛けや必要な情報提供などを行い、課題を言語化し必要な支援へつなげる
①-3居場所につなぐ:居場所がない家庭には、地域の居場所につなぐ


②潜在している家庭
②-1潜在家庭とつながりを作る:「孤立」している家庭に「食」をきっかけに地域の関係者(行政や保育園、学校、無料学習塾など)との連携し、つながりを作る
②-2物資の支援:食材の提供や生活必需品の継続的な提供によって生活を整えるきっかけを届ける
③-3ソーシャルワーク:物資支援を通じて継続的な声掛け・見守りを行う


■対象団体
佐賀県を4つのブロックに分けエリア内に地域共生社会のハブ機能を担う拠点作りにつながるよう、3つの観点で団体の特性を鑑みて、資金とノウハウを提供する
1)潜在している困窮世帯とつながる力を持っている→行政や学校などとの連携できる団体
2)支援につなげるソーシャルワークの力を持った団体
3)社会につなげる→居場所機能を持った団体
■活動内容
【活動その1】物資の支援
①-1、②-2、②-3の3つの活動を実行団体が行うために物資の支援を行う
【活動その2】実行団体の伴走支援
1潜在家庭とつながるためのノフハウや、ソーシャルワークの方法を伝える。
【活動その3】地域共生社会につなげる
4つのエリア内の支援力の強化と佐賀県内のエリアを超えた団体同士のネットワークの構築につなげる活動を行う

事業名
事業名 (副)佐賀の4つのエリアに地域共生社会のハブとなる「食」をテーマにした拠点を作る
事業ステータス終了
事業概要

コロナ禍や物価・燃料高騰の影響を受けて困難を抱えた子育て家庭に対し、実行団体を通じて「食」をきっかけに支援を行う。
■対象世帯
①顕在している家庭
すで学習支援や子ども食堂、宅食などをおこなっている団体やスクールソーシャルワーカーなど専門機関とつながっている家庭
①-1物資の支援:食材の提供や生活必需品の提供によって生活を整えるきっかけを届ける
①-2ソーシャルワーク:定期的に食をきっかけに関係構築を行い、継続的な声掛けや必要な情報提供などを行い、課題を言語化し必要な支援へつなげる
①-3居場所につなぐ:居場所がない家庭には、地域の居場所につなぐ


②潜在している家庭
②-1潜在家庭とつながりを作る:「孤立」している家庭に「食」をきっかけに地域の関係者(行政や保育園、学校、無料学習塾など)との連携し、つながりを作る
②-2物資の支援:食材の提供や生活必需品の継続的な提供によって生活を整えるきっかけを届ける
③-3ソーシャルワーク:物資支援を通じて継続的な声掛け・見守りを行う


■対象団体
佐賀県を4つのブロックに分けエリア内に地域共生社会のハブ機能を担う拠点作りにつながるよう、3つの観点で団体の特性を鑑みて、資金とノウハウを提供する
1)潜在している困窮世帯とつながる力を持っている→行政や学校などとの連携できる団体
2)支援につなげるソーシャルワークの力を持った団体
3)社会につなげる→居場所機能を持った団体
■活動内容
【活動その1】物資の支援
①-1、②-2、②-3の3つの活動を実行団体が行うために物資の支援を行う
【活動その2】実行団体の伴走支援
1潜在家庭とつながるためのノフハウや、ソーシャルワークの方法を伝える。
【活動その3】地域共生社会につなげる
4つのエリア内の支援力の強化と佐賀県内のエリアを超えた団体同士のネットワークの構築につなげる活動を行う

資金分配団体

資金分配団体

一般社団法人さが・こども未来応援プロジェクト実行委員会

事業名

「ごちそうさま」をきっかけにした困難を抱えた子育て家庭の支援事業

資金分配団体一般社団法人さが・こども未来応援プロジェクト実行委員会
事業名「ごちそうさま」をきっかけにした困難を抱えた子育て家庭の支援事業